江村です。粗茶が入りました。


by natsuki_emura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「階段昇り降り」は有酸素運動である。

そんなのあたりまえだと言う人も多いだろう。
運動不足になると、成人病や生活習慣病になりやすいと警告する人もいる。

今日、池袋に出て、用事が済んで某電気店にふらっと立ち寄ったら、この「階段昇り降り」を店内で推奨してるんですね。
なんと地上7階まで、137段の昇り階段があって、1階の昇り口に、階段昇降は有酸素運動で、ウォーキングの約2倍のエネルギーを燃焼しますと書いた紙が壁に貼ってある。
そういうことを書かれたら、やってみたくなるじゃあありませんか。

んで、7階まで昇ってきましたよ。

別にぼくは過去の鬱憤を晴らすために、こんな難行苦行(おおげさだよ)を遂行してるわけではない。
そのことを断った上で書くが、ぼくは小学校の何年だったかの時、体育のペーパーテストで、家や学校で行う運動をひとつ書きなさい、とかいう出題で「階段のぼりおり」と回答して、体育担当の平野和善先生に笑われた、不名誉な前歴を持っている。
普通なら「かけっこ」とか「鉄棒」とか、書くらしい。
「階段昇り降り」なんて、運動には違いないが、テストの回答にはならなかったよ。

今日日、運動の時間がなかなか取れない人たちは、職場の中や近所の公園をこまめに歩いている。
その延長に階段昇降なんかも数えられるようになった。
大多数の人は、自然な感覚で、階段昇降を日常のこまめな運動に繰り入れている。
んな、誰も笑いはしませんよ。

ぼくは、自分が時代を先取りしたノストラダムスだ、などと威張るつもりはない。
でも、池袋の某電気店で、137段の階段を昇って、膝がちょっとだるくなりましたが、次回、池袋に出たら、再びこの店に寄ってみようと思います。

ちなみに、日光国立公園にある徳川家康のお墓へ詣でるには、200段の石段を昇らなければならない。
あれも、やってみるといいですよ。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-10-28 20:12