江村です。粗茶が入りました。


by natsuki_emura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コンサート終了。

コンサート『夏の交差点』をやってきました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

ただいま後片付けと休息中で、こっちに手が回りません。
また書きますので、どうぞよろしく。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-07-26 22:46

滑らかに動いて。

山口百恵という歌手が『しなやかに歌って』という歌を歌っていたことがある。それとこれとは、全然関係がない。

ぼくのコンピュータはウィンドウズですが、コンピュータの世界の開発が進むのはいいけれど、ぼくのように機械に弱い者がトラブルに遭遇すると、不愉快だなあ。
機械の専門家の方々にお願いがある。開発は、よく考えてやってください。

ぼくの例でいうと、Windows Media Player 11 と、Internet Explorer 8 を一緒に入れたら、ネット上の動画サイト、動画ファイルの再生がおかしくなった。XP です。

こーゆーのが、サポート窓口やウェブサイトのヘルプなんかで、それほど面倒がなくて復旧することがあるのは周知の事実ですが、そもそも、その情報のありかを、あっちを見たりこっちに訊いたりして探さなくてはならない現実が、ぼくにはわかりません。なんで、こうも錯綜してるのかがわからないんですよ。

事情のわかっている人は涼しい顔でいられるでしょうが、機械音痴には困った事態です。

動画再生が滑らかに動いてくれないと、要するに困る。
本日は、電話でサポートしてもらって、いちおう事態が落ち着いたから、やれやれと思って、ついでだからブログに書き付けておこうと思った次第で、あまり深い考えはない。

とか言うけれど、音響や映像の機材のトラブルは、テクノロジーの歴史が始まってから、いつだってついてまわっていた。

アナログの時代だって、そのときどきの厄介なトラブルと格闘していたわけだから、デジタルの時代になったからといって、トラブルが全部解消されるもんでもない。

そんなことは承知で、動画や音声はなめらかに動いてもらいたい。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-07-16 01:23

女性の美しさ。

ウェブサイトには何度か書いたけれど、ぼくはときどき、近所の美術館に行く。

それでねえ、今日も美術館に行って、思ったんですが、われわれ野郎たちが、くそ暑い時節にはだかの女が見たければ、美術館ほどうってつけの場所はないということだ。

違うだろ、海水浴場やプールだろ、と言われそうだが、海水浴場やプールは、乱暴に言えばあたりまえの光景であって、エロティックな感じは希薄だと思う。

今日はマイヨールの裸婦の彫刻を見てきた。
じつは、このマイヨールの裸婦は常設展示で、いつでもみられるし、ブロンズの古典的な彫刻で、挑発的な要素がないから、なんとなく見過ごしていたんですよ。だけど、ちょっと注意してみると、すごくいい体なんです。
いつもはほかの絵を見てるんですが、今日はマイヨールに見入った。いいなー。

こう暑くちゃ、かなわないから、せめて街頭やJRのプラットホームに美女を探し当てて、本人にはさとられないように、そばに立って、つかの間、美女鑑賞がしたい。そのあいだだけでも、暑さが吹っ飛ぶような気がする。
もう、化粧が上手だとか、露出度が高いとかいうような外面的なアピールの仕方ではだめみたいです。
内容のある美女なら、露出なんか関係ない。

ところで、美術館の裸婦の彫刻と、街頭の美女の共通点は、気に入ったからと言って、うちに持って帰れないことである。連れて帰れないことである。

美術館の彫刻はつくりものだし、街頭の美女は赤の他人にすぎない。どれだけ、そこに「美」を見出して発奮したって、「美」を固定したり、定着したりできない。

これは、どうしようもない現実です。
どうしようもないからこそ、女性の美しさがある。そういうことにしておきましょう。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-07-10 20:15

ちくっ、あ痛ッ!

暖かい季節には、たいていサンダルを履いて歩いている。

今日も、外の空気を吸って来ましょうと、サンダル履きで出かけ、近所の公園のクローバー畑のなかをいい気持で突っ切っていたら、ちくっ、あ痛ッ!

なんか、切れるものでも踏んづけたのかと思いましたがそうではなかった。ぼくの右足のサンダルが、クローバーの蜜を吸っていたらしいミツバチを蹴ったんです。そして、そのミツバチに刺された。

スズメバチでなくてよかったよ。ミツバチにも毒性はあるが、まず、刺されて死ぬようなことはないだろう。

ぼくに蹴られたミツバチは体がちぎれて、サンダルの上を横に這っていた。
それを払いのけて、歩いて帰りましたが、刺されたところが、その後30分ぐらい、痛かったなあ。
けっこう痛いです。

ネットで調べてみたら、ミツバチに刺された場合は、アンモニアはきかないそうで、水洗いして冷やしましょう、とある。
 
「蜂に刺されると痛みと腫れが起こります。蜂に対してアレルギーのある人だとひどい場合は呼吸停止に陥ることもあるそうです。 頭痛、冷や汗、吐き気、震え、下痢、胸が苦しい、目の前が暗くなる、気が遠くなるなどの症状が出たらすぐに医療機関へ。 」

こんなこと書いてあるから、こわごわ、様子を見ていたが、痛みはあったが、腫れはなく、呼吸停止にもならず、ここに書いてある症状は何も起こっていない。

自然は生きているんだな。あなどってはいけないなと、教えられたような心地がします。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-07-04 21:57