江村です。粗茶が入りました。


by natsuki_emura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そんなのあたりまえだと言う人も多いだろう。
運動不足になると、成人病や生活習慣病になりやすいと警告する人もいる。

今日、池袋に出て、用事が済んで某電気店にふらっと立ち寄ったら、この「階段昇り降り」を店内で推奨してるんですね。
なんと地上7階まで、137段の昇り階段があって、1階の昇り口に、階段昇降は有酸素運動で、ウォーキングの約2倍のエネルギーを燃焼しますと書いた紙が壁に貼ってある。
そういうことを書かれたら、やってみたくなるじゃあありませんか。

んで、7階まで昇ってきましたよ。

別にぼくは過去の鬱憤を晴らすために、こんな難行苦行(おおげさだよ)を遂行してるわけではない。
そのことを断った上で書くが、ぼくは小学校の何年だったかの時、体育のペーパーテストで、家や学校で行う運動をひとつ書きなさい、とかいう出題で「階段のぼりおり」と回答して、体育担当の平野和善先生に笑われた、不名誉な前歴を持っている。
普通なら「かけっこ」とか「鉄棒」とか、書くらしい。
「階段昇り降り」なんて、運動には違いないが、テストの回答にはならなかったよ。

今日日、運動の時間がなかなか取れない人たちは、職場の中や近所の公園をこまめに歩いている。
その延長に階段昇降なんかも数えられるようになった。
大多数の人は、自然な感覚で、階段昇降を日常のこまめな運動に繰り入れている。
んな、誰も笑いはしませんよ。

ぼくは、自分が時代を先取りしたノストラダムスだ、などと威張るつもりはない。
でも、池袋の某電気店で、137段の階段を昇って、膝がちょっとだるくなりましたが、次回、池袋に出たら、再びこの店に寄ってみようと思います。

ちなみに、日光国立公園にある徳川家康のお墓へ詣でるには、200段の石段を昇らなければならない。
あれも、やってみるといいですよ。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-10-28 20:12
つまり、そういう時節なんだと思う。

見てくれは大掛かりなコンサートに集まってる100人とか500人とかいう数字は、ウソなのではないか。

今日はだらけていて、これについて論じる気分でもない。
思ったことを書き付けて終わりにします。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-10-18 22:11
YouTube の再生や、Windows Media Player の動画再生に故障が起きたので、コンピュータを初期化(リカバリー)した。ハードのほうは得意ではないので、メーカーのサポート窓口の人に何度も電話して、教えてもらいました。問題がひととおり解消したら、くたびれた。しばらくぼーっと、スムーズに動くようになった動画サイトを眺めていよう。

動画サイトを閲覧するには、メモリが最低1ギガないとよろしくないと、プロバイダの人は言うし、ぼくが6年前に出たマシンを今も使っていると友達に言ったら、驚かれた。

今後、コンピュータの通信速度はどんどん速くなっていくと、一般には思われているようだ。
でもそうかねえ。

たとえば、YouTube のようなサイトができたから、通信は高速の必要があるというのは、いわば外的基準ですぜ。外的な基準に自分をはめ込んで、2年ごとにコンピュータを買い換えなければならないと思っていたら、それはハードウェアに使われ、振り回されている、落ち着きのない態度だということになりはしないか。

コンピュータの高速化は、ほぼ頭は打ったという意見がぼくの周りにちらほらある。実用上、現時点の速度や容量の基準で、差し支えないのではないか。

一般人はコンピュータの仕組みにくわしくない。外から「大容量がいい」と煽られれば、そうかもしれないと思うだろう。でも、機械に使われてくたびれるような生活は、よくないと思う。
どうでしょうか。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-10-12 19:57

雨の日に。

遅く起きて、ぼさーっとしています。

昨日は好天で、駒込の六義園(りくぎえん)をぶらぶらして、翌日、今日は陰鬱な雨で活動意欲が停滞する。

ひとしごとおわったので、つかの間、ぼーっとしているのは、精神の健康にはいいだろうと思う。特になにを企てるでもなく、必要は最小限にとどめて、ただ家にいるだけだが、休息にもなっているんだろう。

もう一休み、もう一休み、と言っているうちに、いつのまにか思いがけない気付きがあることがあって、腕に力こぶを作って励めばいいというものでもないところに、おもしろさがあったりする。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-10-05 20:46