江村です。粗茶が入りました。


by natsuki_emura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

友達から届いたメールに、「穏やかな年末ですね」と書いてあった。
去年の暮れは、ひどいニュースが相次いで飛び込んできた。この友達は、その1年前を踏まえて書いているようだ。

この1年をざっと振り返ってみると、とにかくいろんな才能のある人たちと共同作業ができたのは嬉しいことだった。今後もいろいろな人と会える予定があるので、楽しみです。

いつも思うんですが、結果的に、コンサートや作曲というのは毎回が不完全なものだし、何か正しい志向性があるわけでもない。かくあるべしみたいな方向付けはやめましょう。

年末だから、年に1度ぐらい、と思ってテレビをつけっぱなしにしながらこれを書いています。
さっきSPEEDが出てた。上原多香子さんのファンです。
まあそういう年越しでいいのではないか。

サイト『太鼓堂』を更新したので、寄ってってください。

じゃあ、また来年!
[PR]
by natsuki_emura | 2009-12-30 21:17

鳥を食う。

鶏肉は好きだから、別にクリスマスでなくても食べている。うまいフライドチキンが近所のスーパーで安く手に入る。特別なことではない。

小学生のころは、クリスマスには肉屋に行ってブロイラーを揚げてもらい、熱いやつを新聞紙に包んでもらい、輪ゴムをかけてもらって家まで抱いて帰りました。これはクリスマスの風物だったが、とっくに廃れてしまいました。今ではクリスマスの鳥にこだわる理由がなく、1年中鶏肉が好きなように食える。

今年のクリスマスも、特別な鳥を食べたわけではなく、近所のスーパーで売ってるやつをいただきました。そもそも好きだから、さほど高くない鶏肉でも、電子レンジで温めてかぶりついている。

肉というと、最近はステーキを即座に連想する人が多いでしょうけれど、同じ肉でも、あのイメージはちょっと厚ぼったい。ぼくはステーキから満腹を想像する。腹いっぱい食ったという感じである。それはいいのだが、最近やたらにステーキのことを喧伝しているのを聞くと、食わせりゃいいと思ってるんじゃないかと勘ぐる。食の楽しみやありがたみが薄くて、肉の塊を押し付けられているようで幻滅しそうだなあ。

巷に鳥を食わせる店といえば焼き鳥屋さんでしょうが、そういえば鶏肉オンリーで食わせるうまい店の話って、あんまり聞かないね。ケンタッキー・フライドチキンですか。確かに一時期、あの店はご馳走だった。だけど、今現在、ケンタッキーにこだわる理由が見当たらない。調理法は確かなのかもしれないし、味も違うのかもしれないが、代用品がどこででも手に入る。

縁日に行くとチキンステーキの出店があるのに、繁華街にチキンステーキのうまい店がなさそうなのは、やはり鶏肉は高いからか。どうだか知らないが、いちど鶏肉で盛り上がってみたい気がしたので、書いときますよ。
[PR]
by natsuki_emura | 2009-12-26 20:21