江村です。粗茶が入りました。


by natsuki_emura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

晩飯のあと、うつらうつらしたんですよ。そしたら夢を見ました。

小さなスタジオでライヴをやっている。ぼくは数人の共演者に交じってピアノを弾いている。これは、のちのち再演されるプログラムの原型でした。「でした」って、現在形と過去形がオーヴァ-ラップしている。放送局の取材班なんかに演奏中「これは、このあと繰り返し上演される演目のひな型でしたよね?!」とかいうような過去形でインタヴューされている。なんなんだ。

中略、電車に乗って家路につき、ふと手元を確かめると本日のパフォーマンスの記録ヴィデオテープがない。人に手伝ってもらって、路上をあちこち探し回り、TDKテープのケースだけある。未開封のテープも見つかったが、使用した記録ヴィデオテープがない。と思っていたら、舞台衣装その他必要なアイテムを抛り込んだデパートの紙袋が出てきて一件落着。ほっと息が抜けたのか、ぼくはテープ探しを手伝ってくれたお姉さんに、

「今日俺、難航したんですよ!オロナインH軟膏!」(難航=なんこう=軟膏…。)

と叫び、一同、呆れてものも言えない。というエンディングでした。

なんだったんでしょうね。なんなんだ。
夢の報告でした。
[PR]
by natsuki_emura | 2010-05-20 23:12
かれこれ2月から、2つの曲を同時に進めて、5月10日に作業が終了したところです。

今年は正月から現在まで、ピアノをあまり練習していなかった。作曲のほうに時間を取られて、ピアノをさらう時間も、気持のゆとりも確保しにくかったというのが実情でした。

作曲が終わったら、小休止。1週間ほどだらだら休んでおりました。
さて、自分の曲も含めて、こんどはピアノに向かう段取りです。

ピアノを弾くのに、しゃにむに頑張るものじゃないということに気付いた。作曲をやっているあいだは練習をさぼっているような気分だったが、曲が書けたら、肩の荷が少し下りたような気がする。思いつめていればいいものではないということに、徐々に気が付いてきた。

だからツイッターなんかで遊んでいましたが、久しぶりにこちらに戻りました。
作曲という作業はやっぱり手間暇かかるし、気の遣い方がほかの作業とは違うようだ。ほとぼりが冷めたら次の曲を書きます。

ウェブ上の書き込みは作曲に比べたら気楽だと言えば無責任に聞こえるけれど、これは事実で、現に今、それほどのプレッシャーは感じないでキーボードを打っています。

そういう調子で今後も更新しますのでときどき覗いてください。
近況報告でした。
[PR]
by natsuki_emura | 2010-05-16 11:12